固定電話はもう要らないかな

固定電話を使うか、使わないかも、引っ越しの際にもう一度見直してみましょう。今は、固定電話があるのは当たり前という状況ではありませんが、固定電話を使い続けるという意見がまとまったら、引っ越しても電話回線を使えるようにするためのやりとりを進めなければなりません。

取りかかりが遅くなり、契約が引っ越しに間に合わなければ、電話が使えないことで生活の一部が不自由になるので、いわゆる引っ越しシーズンならば、なるべく早く移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。
多くの方は、引っ越しを契機として日常生活の細々したことを再度見直すことになりますが、いつの間にか引き落とされているNHK受信料をどうするかも考えるきっかけになります。
最近では、引っ越し先にテレビがないケースもあるでしょう。

受信料を払い続けることはお金の無駄なので、受信料が引き落とされているならそれを止め、NHKに解約手続きを申し込む手続きを思い切って実行しましょう。
家族の事などを考えて家と土地を買ったのですが、契約締結をするためにはちゃんとした実印と印鑑証明書がいる、ということについてその時に初めて教わりました。

登録だけは、親が済ませておいてくれていました。

でも、今回は相模原市から越してくる形ですから、転居先の市で役所に赴き登録をやり直しておく必要があるわけです。印鑑証明が必要、とわかってからすぐさま登録に出かけるはめになり当時は結構うろたえました。いつ引っ越しするか決まった時点で誰でも必須なのが転出届を提出し、転居を公にすることです。

相模原への引越しはとにかく格安でしたかったために業者選びには慎重になりました。多くの引越し業者から見積もりを取って一番安い料金だったのがミニ引越サービスセンターでした。

参考:相模原市の格安引越しはミニ引越サービスセンター