就職を機にアパートを移りました

女性ですが就職したのを機に、10年ほど前に今のアパートに単身で引っ越すことになりました。
最初の考えでは、3年くらいいたら実家の近くに転職したかったので住民票の移動をしないでおきました。

そんな中でも、仕事は予想していたよりも楽しく、町も気に入って思ったより長居してしまい、ここで結婚する可能性も高くなってきたし、地方税はこの町の方が安かったりするので、これからの住所変更もありかな、と思っています。引っ越しの準備はいろいろありますが、最優先しなければいけないのは転出届を提出し、転居を公にすることです。さほど大変な仕事ではなく、今住んでいる市区町村で役所の窓口に提出します。郵送で送ることもできます。また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、委任状を添えれば、代理人が提出しても問題ありません。
転居届の提出は、転居の2週間前くらいからできるようですので、確認してください。
私たちが引っ越し業者を決める際、日本通運(日通)が誰でも「引っ越しは、日通」のテレビCMを思い出すくらい引っ越し事業が広く知られるようになっています。一般家庭向けの引っ越し業者を調べたとき会社名は引越社、引越センターに決まっていたのが当然だと思っていました。運送会社の多くが最近になって単身者も含めた家庭向け引っ越しサービスを扱うのが普通になりました。運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など大手ならば、引っ越しサービスも一定の水準をクリアしていると言えます。これから、引っ越しの前日に終わらせることを説明します。まず、引っ越しのタイムスケジュールを確かめてください。

いつ引っ越し業者が来て、何時に作業を終わらせて荷物を運び出さなければならないかなど、時間とやることの調整をしておきます。

荷物は運びやすいように移動しておきましょう。

単身の女性におすすめしたい引越し業者が一つあります。荷出し後の掃除や電化製品の取付など、女性にうれしいサービスが満載の引越し業者ですよ。

参考サイト:単身女性におすすめな引越し業者